記事一覧

【ライダーインタビュー | 栃木ルート】根本 裕太さん

平和のための努力

――今回走ろうと思ったきっかけは?
 自分でも平和の為に何ができるのかは考えていた。実際自転車で走っただけで世界は平和にはならないが、ピースロードとして、平和を願う気持ちをもって走っている人が身近にいるということで、自分もその一人になりたいと思ったから。

――走ってみてどうだったか?
 気温もちょうどよく、気持ちよく走れた。今は国際情勢が難しい部分もあるが、こういった平和の思いを一人一人が持っていくことがこれからに繋がっていくんだと思ったし、自分も平和を願いながら走ることができた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ソウル駅前広場で「ワン・コリア ピースロード2019ソウル特別市統一大長征」韓国・ソウル市で14...
  2. 大阪ルートから縦走旗を引き継いだ兵庫ルートは8月3日、舞子公園でセレモニーを行いました。
  3. 群馬ルートは8月8日、高崎市内の会場から出発しました。出発式を終えた一行はまず、群馬県庁を訪問。

メディア報道2019

7月17日 熊本日日新聞
7月12日 世界日報(日本)
7月12日 慶尚毎日新聞(韓国)
7月12日 世界日報(セゲイルボ=韓国)
7月12日 京仁総合日報(韓国)
7月11日 大韓ニュース(韓国)
7月11日 稚内プレス
7月11日 京民日報(韓国)