記事一覧

いよいよ始まる東北路。青森フェリー埠頭から出発。

7月28日、朝から降っていた雨も「東北ロード出発祝賀会」までには止んで、イベント出発には相応しい環境になりました。今年の東北地方は太平洋(東日本大震災復興)平和ルートとアジア平和ルートと名づけ走ります。今日は青森フェリー埠頭から八戸市までを10区間に分け、合計108.9kmの道のりを走ります。

出発祝賀会では、まず縦走自転車「歓迎セレモニー」が行われ、鄭北海道実行委員に花束贈呈が行われた後、縦走旗の引継ぎの式典が行われました。

20150728_091129767

 

続いて、田中敏明常任顧問による主催者挨拶、奈良岡央青森県実行委員による挨拶が行われました。そして日韓国交正常化50周年を祝賀する「日韓親善・文化交流」の場が持たれ、韓国の農楽と日本の立佞武多踊りが披露されました。

20150728_091246

20150728_092117

その後、ライダー代表によるピースロード宣言がなされ、参加者で記念撮影後、第一走者が出発しました。

20150728_092245240

20150728_092953

今回のライダー陣は3年連続で参加された方、青年、ご夫婦、70歳の最高齢の方まで延べ20人が自転車で走りました。

20150728_130308809

20150728_132516970

20150728_141614576

20150728_141244385

20150728_151832072

20150728_151911634

20150728_174702624

ゴール地点の八戸市では、空には虹が輝き、「歓迎・激励会 in HACHINOHE」が開催され、ライダーたちがクラッカーの鳴り響く中、入場しました。

20150728_170633515

そしてライダー代表から感想が語られ、平和のメッセー(公演)として、青森県南部から岩手県北部にかけて伝わる盆踊り「ナニャドヤラ」が披露されました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 彦根
    8月5日金亀公園での三県引継式典を終え、滋賀県実行委員会、兵庫県実行委員会から参加したライダーたちは...
  2. 民団岐阜県本部前
    豊臣秀吉の朝鮮出兵を機に、武断派と官僚派の対立、そして豊臣家の内部対立をきっかけに天下分け目の戦いと...
  3. 高麗寺へ2020羽の折鶴奉納
    [caption id="attachment_2814" align="ali...

メディア報道

6月22日  稚内プレス
 7月6日  稚内プレス
 7月13日  釧路新聞
 7月13日  八幡濱新聞
 7月17日  長崎新聞
 7月23日  東海愛知新聞
 7月26日  熊本日日新聞
 7月27日  千葉日報
 7月31日  上越ケーブルテレビ
 8月1日  新潟総合テレビ
 8月2日  北日本新聞
 8月3日  テレビ山梨
 8月4日  日刊県民福井
 7月23日  東海愛知新聞
 8月5日  中日新聞西濃版
 8月6日  伊豆毎日
 8月6日  世界日報
 8月8日  熱海新聞
 8月20日  CHUGOKUビジネス情報
 9月10日  KOREA TODAY