記事一覧

イベント会場に1000人集う 大阪府・和歌山県実行委員会

大阪府・和歌山県実行委員会は、8月13日午後4時より大阪市扇町公園で「PEACE ROAD 2015 ion OSAKA 歓迎レセプション・出発セレモニー」を開催。会場に集った1000人の方々は、大阪府・和歌山県(和歌山市、紀の川市、田辺市)から出発式後、車や電車など駆けつけました。式前行事では、日韓文化交流アトラクション、青年や中高生のシャッフルダンス、サムルノリ演奏が行われ、イベントを盛り上げました。

日韓文化交流アトラクション

奈良実行委員会から引継ぎ、大阪市役所を表敬訪問してきたライダーたちは、イベント会場に到着。イベントでは参加者で「PEACE ROAD」という人文字が描かれました。

人文字

参加された地方議員は挨拶の中で「自転車は後ろに進みません。我々の世界の各国とのお付き合いも、このライダーのペダルのように前を向いてこいでいきたいと思う。過去に囚われることなく、未来志向の我々の世代が平和な町づくりをしていくんだ」とし、ライダーの無事を祈りました。一連のイベント後、参加者たちも交えて扇町公園の周りを朝鮮半島の平和的統一、世界平和などを訴えながら、PEACE ROAD 平和行進が行われました。

平和行進
その後、ライダー8人は兵庫県尼崎市までルートを進め、翌14日には兵庫県神戸市の舞子公園までをライダー8人で縦走しました。

自転車メンテナンス

兵庫県に向う

神戸

これらのイベントに関係した距離・人数を合計すると、この地域だけで1600km、1000人を越えるものとなりました。参加したライダーからは「気持ちの良い汗をかくことができました」と感想が寄せられました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 彦根
    8月5日金亀公園での三県引継式典を終え、滋賀県実行委員会、兵庫県実行委員会から参加したライダーたちは...
  2. 民団岐阜県本部前
    豊臣秀吉の朝鮮出兵を機に、武断派と官僚派の対立、そして豊臣家の内部対立をきっかけに天下分け目の戦いと...
  3. 高麗寺へ2020羽の折鶴奉納
    [caption id="attachment_2814" align="ali...

メディア報道

2018年度はこれからです