記事一覧

上野三碑(こうずけさんぴ)世界記憶遺産登録をテーマに 群馬県実行委員会

群馬県

群馬県高崎市に所在する7世紀から8世紀にかけての古代石碑の世界記憶遺産登録をテーマに、群馬県実行委員会は7月31日前橋市の敷島公園から前橋市役所、上野三碑などを巡る44kmを自転車で縦走しました。この石碑は朝鮮半島の石碑文化、文字の使用、碑文からうかがえる仏教信仰など、早くから先進文化が定着・蓄積していた上野国(こうずけのくに)の文化度の高さを象徴しており、平成29年のユネスコ国際諮問委員会において登録の可否が審議される予定です。

サポーターに見送られ出発

サポーターに見送られ出発

高崎市内で行われた閉会式にはサポーターら30人が参加し、地元議員が「今回、上野三碑を回って頂き、ありがとうございました。歴史を知るという事は重要なこと」とライダーや参加者を激励しました。

いい汗かいています

いい汗かいています

群馬閉会式ライダーコメント

群馬閉会式ライダーコメントの1シーン

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 彦根
    8月5日金亀公園での三県引継式典を終え、滋賀県実行委員会、兵庫県実行委員会から参加したライダーたちは...
  2. 民団岐阜県本部前
    豊臣秀吉の朝鮮出兵を機に、武断派と官僚派の対立、そして豊臣家の内部対立をきっかけに天下分け目の戦いと...
  3. 高麗寺へ2020羽の折鶴奉納
    [caption id="attachment_2814" align="ali...

メディア報道

2018年度はこれからです