記事一覧

北海道6日目。旭川から札幌市内へ140km。恐怖を超えて

7月11日旭川市役所前で出発式が行われ、サポーターの応援を受けながらライダーたちが出発しました。今回、小学生時代に自転車に乗っていて長いブランクがあった女性ライダーも参加。壮年、青年層のライダーが共に平和を祈りながら走ります。

女性ライダーと

 

長いトンネルでは、ライダーたちがカビ臭い排気ガスに襲われます。道路幅が狭いなかに大きなトラックが横を通り過ぎていき、クラクラするようです。トンネルの特徴でもある共鳴音が、更に恐怖心をあおりました。そのような状況を無事に越え、岩見沢、江別に立ち寄り、目的地の札幌大通り公園を目指しました。
大通り公園では歓迎式典が開催され、サポーターと共に高らかにピースメッセージを市民に訴えました。

岩見沢で元気をもらう

札幌市内到着

歓迎する合唱団の皆さん

ピースメッセージを読み上げるライダー

大通り公園でサポーターと共に

 

関連記事

コメント

    • 渡邊恒夫
    • 2017年 7月 16日

    世界平和のためのピースロード2017の、大勝利を祈念します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ソウル駅前広場で「ワン・コリア ピースロード2019ソウル特別市統一大長征」韓国・ソウル市で14...
  2. 大阪ルートから縦走旗を引き継いだ兵庫ルートは8月3日、舞子公園でセレモニーを行いました。
  3. 群馬ルートは8月8日、高崎市内の会場から出発しました。出発式を終えた一行はまず、群馬県庁を訪問。

メディア報道2019

7月17日 熊本日日新聞
7月12日 世界日報(日本)
7月12日 慶尚毎日新聞(韓国)
7月12日 世界日報(セゲイルボ=韓国)
7月12日 京仁総合日報(韓国)
7月11日 大韓ニュース(韓国)
7月11日 稚内プレス
7月11日 京民日報(韓国)