記事一覧

埼玉県実行委員会 高麗郡建郡1300年とラグビーワールドカップをテーマに

埼玉出発式

埼玉県実行委員会(実行委員長 浅野目義英)は、7月30、31日、8月6、7日の期間でさいたま市役所議員会館前から埼玉県庁内公園、所沢市から狭山市の狭山公園、ラグビーワールドカップ2019を応援する目的で熊谷ふれあい公園からラグビー場、羽生道の駅から行田市、久喜市・加須市・越谷市・大宮市・川越市・行田市・所沢市・さいたま市から日高市の高麗神社へのルートを展開し、述べ300人のライダーが徒歩、自転車、車などで走行しました。

7月30日の「PEACE ROAD 2016 in 埼玉出発式」にはサポーターら46人が参加し、参加した議員から「さいたま市も日韓交流の為、韓国水原市との交流をしています」と挨拶がなされ、ライダーたちを激励しました。

民団埼玉県地方本部で

民団地方本部で

その後、「世界平和と韓半島統一の為の表敬訪問」として在日本大韓民国民団埼玉県地方本部を訪問し、ピースメッセージを手渡しました。ライダーからは「初めて民団に来ました。快く迎えて頂きうれしいです。南北統一のため走ります」と感想が寄せられました。

さいたま県庁内公園で ゴールの埼玉県庁内公園には浅野目実行委員長を迎えてサポーターら30人が参加し、ライダーを慰労しました。

民団を出発後

 

8月6日には在日本朝鮮人総聯合会埼玉県北支部を表敬訪問し、サポーターら13人が参加しました。同日、日高市の高麗神社では高麗郡建郡1300年を祝賀するために、「PEACE ROAD 2016 in 栃木・埼玉完走式」が行われ、各地から高麗神社に向けて走行したライダーたちとサポーターら160人が参加しました。

高麗神社まで走る

高麗神社祝詞

ライダーたちが神社に到着後、御社殿で完走感謝の祝詞が宮司により捧げられ、参加した地方議員、金榮翯顧問、長田愛樹氏(高麗神社高麗神社権禰宜)、金源植中央実行委員会事務局長から挨拶が述べられました。この日は、広島原爆の日の式典とリオオリンピック開会式が重なり、世界平和について深く考える日となりました。式典と同時に神楽殿では韓国人の方々によるサムルノリと天父報恩鼓の皆さんによる演奏が行われ、会場を盛り上げました。最後には、サムルノリのリードでライダー、サポーターら全体が一つの輪となり、万歳三唱をもって閉会しました。

金榮翯顧問

高麗神社

植林運動をされている参加者からは「世界では色々と事件が起きていますが、早く戦争のない平和な世界が来ることを願います。また、熊谷の気温が最近下がってきています。植林の運動を少しずつでもすれば、それが実っていきます。PEACE ROADも頑張ってください」と激励の言葉をいただき、大学生ライダーからは「大学など日常では会うことも無い多様な人が、平和を願い1つになって走れたことが良かったです。高麗神社の方の話を聞き、日韓関係について考えさせられました。日本と韓国において、現在難しい関係もありますが、このような交流があったことは良いことだと思います。このPEACE ROADがきっかけとなり、平和が少しでも近づいたらと願います」と感想が寄せられました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 彦根
    8月5日金亀公園での三県引継式典を終え、滋賀県実行委員会、兵庫県実行委員会から参加したライダーたちは...
  2. 民団岐阜県本部前
    豊臣秀吉の朝鮮出兵を機に、武断派と官僚派の対立、そして豊臣家の内部対立をきっかけに天下分け目の戦いと...
  3. 高麗寺へ2020羽の折鶴奉納
    [caption id="attachment_2814" align="ali...

メディア報道

2018年度はこれからです