記事一覧

大阪府・和歌山県実行委員会 各地域の活動の集大成として、1300人の大会を開催

大阪府・和歌山県実行委員会(実行委員長 相馬達雄 共同実行委員長 朱鎭台)は、PEACE ROAD精神を中心とした各種イベントを7月19日から開催し、その集大成として7月30日大阪府泉大津市民会館大ホールで関係者ら1300人以上が参加した「PEACE ROAD 2016 in OSAKA & WAKAYAMA」大会を開催しました。

天芸団韓国伝統舞踊

ハンウリ サムルノリ

天父報恩鼓

大会では、天芸団による韓国伝統舞踊とサムルノリチーム・ハンウリによる演奏、天父報恩鼓の舞踊で幕を開け、会場は日韓友好と世界平和を祈る荘厳な雰囲気に包まれました。その後、主催者挨拶として相馬実行委員長が昨今の国内外情勢から見たPEACE ROAD運動の重要を訴えました。来賓紹介の後、5名の国会議員が祝辞を述べ、続いて駐大阪大韓民国総領事の祝辞を副総領事が代読し、参加者は地元を代表する議員らが運動に積極的に賛同する姿に重要性を再認識していました。

主催者挨拶

その後、7月19日、22日の駐大阪大韓民国総領事館訪問、地方自治体の表敬訪問や安全祈願を目的として祈願祭(20日普賢寺、22日守居神社、23日誉田八幡宮、25日和歌山北家庭教会、26日叡福寺、28日岸和田天満宮・住吉大社)など各地域で行われたPEACE ROAD活動をまとめた映像が上映され、メインスピーチに宋龍天PEACE ROAD 2016 in Japan 中央実行委員会常任顧問を迎えました。

普賢寺

普賢寺

守居神社

守居神社

誉田八幡宮

誉田八幡宮

叡福寺

叡福寺

岸和田天神宮

岸和田天神宮

住吉大社

住吉大社

 

講演

宋常任顧問は、世界中で起きている様々な事件や闘争の根本に、間違った集団的利己主義があることを指摘。そのために利他主義によって生きる人格者が求められ、今がその人格革命を起こす時であることを訴えました。そして、日韓トンネルやベーリング海峡トンネルを含む国際ハイウェイ構想は、今も息づいていることを強調し、「夢は必ず実現します!」と力強く訴えました。

フラッグセレモニー

講演後、21か所の地域の代表者が活動のシンボルとしてきたPEACE ROAD旗を掲げながら登壇し宋常任顧問に伝達。宋常任顧問はこれらの地域活動を天上天下に連結・拡散すべくPEACER ROAD旗を力強く、雄々しく振りました。会場のボルテージが最高潮に達するなかで、参加者全員が立ち上がり、大会のテーマ曲を歌いながらフィナーレを迎えました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 礼拝堂にて
    東京都実行委員会は、7月31日北埼玉実行委員会との引継式を終え、8月1日新宿中央公園で出発式を持ち、...
  2. 群馬県
    群馬県高崎市に所在する7世紀から8世紀にかけての古代石碑の世界記憶遺産登録をテーマに、群馬県...
  3. 日光東照宮
    白河で連結されたライダーたちは、日光・朝鮮通信使ルートをテーマに7月28日栃木県の日光東照宮から小山...

メディア報道

6月22日  稚内プレス
 7月6日  稚内プレス
 7月13日  釧路新聞
 7月13日  八幡濱新聞
 7月17日  長崎新聞
 7月26日  熊本日日新聞
 7月27日  千葉日報
 8月2日  北日本新聞
 8月3日  テレビ山梨
 8月5日  中日新聞西濃版
 8月6日  伊豆毎日
 8月6日  世界日報