記事一覧

岐阜県実行委員会 朝鮮通信使による日韓交流を学ぶ

羽鳥市の起渡船場石燈台

岐阜県実行委員会(実行委員長 武藤勉)は、朝鮮通信使が歩かれた道を日韓友好、世界平和を願いながら、8月11日羽鳥市の起渡船場石燈台~在日本大韓民国岐阜県地方本部~大垣市指定重要有形民俗文化財「佐渡常夜燈」~大垣市加賀野のソフトピアジャパンまで自転車で延べ5人のライダーが走行しました。

スタート!

民団岐阜前で

民団岐阜前を出発

太閤出世橋

ガッツポーズ

佐渡常夜燈

 

「朝鮮通信使による日韓交流」講演会

講演会

その後、ゴールとなった同会場で歓迎会と「朝鮮通信使による日韓交流」と題して講演会が行われ、講師に大垣市文化事業団事業課長の鈴木隆雄氏を迎え、サポーターら約200人と共に大垣市竹島町が財力を費やして朝鮮通信使の行列を再現したエピソードなど学びました。この内容は同日の中日新聞で報道されました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 彦根
    8月5日金亀公園での三県引継式典を終え、滋賀県実行委員会、兵庫県実行委員会から参加したライダーたちは...
  2. 民団岐阜県本部前
    豊臣秀吉の朝鮮出兵を機に、武断派と官僚派の対立、そして豊臣家の内部対立をきっかけに天下分け目の戦いと...
  3. 高麗寺へ2020羽の折鶴奉納
    [caption id="attachment_2814" align="ali...

メディア報道

2018年度はこれからです