記事一覧

彦根から鞆の浦まで朝鮮通信使のルートを走る 滋賀・京都・大阪・兵庫・岡山

彦根

8月5日金亀公園での三県引継式典を終え、滋賀県実行委員会、兵庫県実行委員会から参加したライダーたちはセミナリヨ跡、朝鮮人街道石碑前、京都府京都市左京区の平安神宮前、草津市役所、兵庫県舞子公園、大阪市内を自転車や車で巡り、8月6日は兵庫県の姫路城から朝鮮通信使が滞在した岡山県瀬戸内市の牛窓港へ縦走しました。

琵琶湖岸を走る

琵琶湖岸を走る

田園地帯を走る

田園地帯を走る

三県引継式典まで縦走したライダーの1人は「湖岸を走っていると彦根城が見え、あと少しでゴール。滋賀の方に会えると思うと感慨深く感じるものがあった。隣県ではあるが、こうした形で県を越えて交流できることが素晴らしく、まさに『平和の道』と感じた。これを地域と地域、そして国と国とを繋ぎ、世界平和に繋げていきたい」を感想の寄せました。

セミナリヨ跡

セミナリヨ跡

「セミナリヨ」は滋賀県近江八幡市に、1581年イタリア人宣教師オルガンチノによって創建された日本最初のキリシタン神学校で、織田信長もしばしば立ち寄ったと言われています。ここでは、それまでの日本の教育になかった音楽と体育も行われ、近代教育の先取りとも言えるものでした。しかし本能寺の変で安土城と市街の焼失、豊臣秀吉、徳川家康の禁教令によって閉鎖されました。ライダーたちは、このセミナリヨ跡で平和の祈りを捧げました。

朝鮮人街道石碑

朝鮮人街道石碑

平安神宮前

平安神宮前

千羽鶴贈呈

千羽鶴贈呈

京都

京都

草津市役所表敬訪問

草津市役所表敬訪問

ピースロード兵庫歓迎式

ピースロード兵庫歓迎式

兵庫県の舞子公園では「ピースロード兵庫歓迎式」が開催され、サポーターら約100人が参加しました。式典では、朱哲完駐神戸大韓民国総領事館総領事が「今後韓日両国は、過去の問題は過去ものとして知恵を持って対し、両国の発展に向けて努力しなければなりません。今日このように、一般市民らが平和と和解の運動を繰り広げている事は、真に意味のあることです。人と人を連結させる運動が世界平和に大きく寄与すると考えます」と挨拶を述べました。また歌や天芸団の皆さんによる韓国舞踊のアトラクションもあり、式典を盛り上げました。

朱哲完駐神戸大韓民国総領事館総領事の挨拶

朱哲完駐神戸大韓民国総領事館総領事の挨拶

PEACE MESSAGEセレモニー

PEACE MESSAGEセレモニー

歌のアトラクション

歌のアトラクション

天芸団による舞踊

天芸団による舞踊

兵庫歓迎式 サポーターの皆さんと

兵庫歓迎式 サポーターの皆さんと

姫路出発式 ライダーと

姫路出発式 ライダーと

姫路出発式 サポーターの皆さんと

姫路出発式 サポーターの皆さんと

姫路城前芝生広場では「ピースロード兵庫 姫路出発式」が開催され、サポーターら約100人が参加しました。式典では曺小煥 元臨済宗東福寺派京都総本山東福寺塔頭即宗院が「毎年、猛暑の中の開催ですが、私は3年雪の中で素足で過ごした経験がある。忍耐を重ねつつ南北の平和と世界平和の実現を念じ祈ります」とライダーを激励しました。

牛窓港に到着したライダー

牛窓港に到着したライダー

牛窓港では、歓迎式典が行われ兵庫・香川・岡山・広島から来られたサポーターら約100人が参加し、四国実行委員会が折って来た折鶴の連携セレモニーも行われました。式典で河本勉岡山県実行委員長は「岡山の牛窓は朝鮮通信使の寄港の場所。文化・芸術等の玄関口であった」とし、次の地点の鞆の浦と合わせてPEACE ROADの意義に対して熱く述べました。

挨拶する河本実行委員長

挨拶する河本実行委員長

四国からの折り鶴バトンを受け取る

四国からの折り鶴バトンを受け取る

ライダーの紹介

ライダーの紹介

牛窓のサポーターの皆さんと

牛窓のサポーターの皆さんと

牛窓を出発するライダー

牛窓を出発するライダー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 群馬県実行委員会(実行委員長 南炅誠)は、9月14日前橋市役所を表敬訪問し、ピースロードの経...
  2. PEACE ROAD運動の初期から、朝鮮半島平和統一と日韓友好親善を願いながら朝鮮通信使とゆかりのあ...
  3. [caption id="attachment_4139" align="alignnone" wi...

メディア報道

6月26日 世界日報
7月14日 稚内プレス
7月19日 TOKEN POST
7月25日 週末、金沢。
7月26日 熊本日日新聞
7月30日 中日新聞(岐阜)
7月30日 日刊県民福井
8月 1日 伊豆毎日
8月 1日 熱海新聞
8月 2日 中日新聞(静岡)
8月 2日 東京新聞(静岡)
8月 5日 神戸新聞
8月 6日 FMふくやま
8月 8日 ラジオ金沢