記事一覧

日本と韓国の係わりが深い瀬戸内海ルートを走る 兵庫県実行委員会

20150814_131531

20150814_135027

兵庫県実行委員会は8月14日舞子公園で「歓迎式&歓送式」を行った後、兵庫県神戸市から姫路市内、翌15日は姫路城から岡山県備前市までの約130kmを延べ21人のライダーが縦走しました。

舞子公園の「歓迎式&歓送式」は、大阪実行委員会からのライダー、サポーターら250人が参加し、午後1時30分に陸泰昊兵庫共同実行委員長の開始宣言で始められ、ピースロード経過報告、石崎淳一兵庫実行委員長の挨拶、来賓挨拶、祝電披露、3つの団体より激励パフォーマンスが行われ、ライダー代表がピースメッセージ宣言を行い、全体で「38度線自由往来の夢と世界平和 in 神戸」とデザインされた横断幕を持って記念撮影後、出発しました。石崎実行委員長は挨拶の中で「青年たちが、世界平和、朝鮮半島の平和統一を願いながら、世界中を走るということは、世界中の人々に影響を与える貴重な契機となると思われる。猛暑の中ですが、気を付けて走行して下さい」と激励しました。

20150814_144140

20150814_144638

 

その後ライダーらは、高麗の僧、恵便法師との係わりがある兵庫県加古川市の鶴林寺を訪問し、午後6時30分には姫路市内に到着しました。

20150814_164510

15日は午前7時に姫路城三の丸公園で「ピースロード in 姫路 歓送式」を行い、サポーターら100人が参加し、ライダーを激励しました。

姫路城出発式

姫路城出発式

姫路城出発式

岡山までの走行

20150815_082521

室津海駅館

その後のルートでは、江戸時代に朝鮮通信使の使節団の一行が海駅室津に必ず寄航した地域であるたつの市立室津海駅館に立ち寄り、室津朝鮮通信使展示館を見学。

20150815_092926

20150815_114516

20150815_120336

20150815_120346

午後2時には岡山県備前市に到着し、岡山県実行委員会に縦走旗を引継ぎました。

岡山に引き継ぐ

20150815_141502

参加したライダーからは「朝鮮通信使が宿泊された場所を見学し、逆に韓国へと向うルートを走ることに感慨を覚えた」「8月15日という歴史的に重要な日に、世界平和の為のイベント「PEACE ROAD in 兵庫」の走者として走れたことを誇りに思います」と感想が寄せられました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ソウル駅前広場で「ワン・コリア ピースロード2019ソウル特別市統一大長征」韓国・ソウル市で14...
  2. 大阪ルートから縦走旗を引き継いだ兵庫ルートは8月3日、舞子公園でセレモニーを行いました。
  3. 奈良ルートは8月4日、奈良県文化会館で開会セレモニーを行いました。

メディア報道2019

7月17日 熊本日日新聞
7月12日 世界日報(日本)
7月12日 慶尚毎日新聞(韓国)
7月12日 世界日報(セゲイルボ=韓国)
7月12日 京仁総合日報(韓国)
7月11日 大韓ニュース(韓国)
7月11日 稚内プレス
7月11日 京民日報(韓国)