記事一覧

日本海に母の愛を感じ、勇気づけられアジア平和ルートを行く

20150801_060609

秋田県から縦走旗を引き継いだ山形県実行委員会は、8月1日秋田県由利本庄市から山形県鶴岡市までの120.4kmを7区間に分け、スタッフ・ライダーら23人が走破しました。

午前6時、道の駅にしめゆっ娘ランドで出発式を行い、気象条件も良好で、気温も25度前後という快適な環境のため、どのライダーも予定時間より早く完走することができました。

20150801_081938

20150801_084739

20150801_092233_1

20150801_100743

20150801_101858

午前11時40分からは、山形県庄内市で「アジア平和ルート激励会 in YAMAGATA」が開催され、サポーターら26人が参加しました。激励会では、島軒隆治FPU庄内支部顧問の挨拶、縦走を完了したライダーの感想、次走者への激励、そして次走者の決意表明が行われました。

20150801_134324

20150801_155757

20150801_170857
昼食後の後半の区間では、走行中に自転車のチェーンが切れるアクシデントが起きました。その場では修理できず、地元の自転車店で応急処置を行い、ゴールを目指しました。

20150801_173802

20150801_182158

参加したライダーからは、「走ったコースが海沿いで、きれいな海を久々に見たが、自分の知らない神の愛がたくさんあることを感じた。世界平和に向けて、自分がやっている中で、逆に自分が愛されていることを感じた」「いろいろなアクシデントで気分が落ち込むこともありましたが、海の波音が最初はさみしく、悲しいものに聞こえていたものが、お母さんに勇気づけられ、慰められているように感じた」など感想が寄せられました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 彦根
    8月5日金亀公園での三県引継式典を終え、滋賀県実行委員会、兵庫県実行委員会から参加したライダーたちは...
  2. 民団岐阜県本部前
    豊臣秀吉の朝鮮出兵を機に、武断派と官僚派の対立、そして豊臣家の内部対立をきっかけに天下分け目の戦いと...
  3. 高麗寺へ2020羽の折鶴奉納
    [caption id="attachment_2814" align="ali...

メディア報道

6月22日  稚内プレス
 7月6日  稚内プレス
 7月13日  釧路新聞
 7月13日  八幡濱新聞
 7月17日  長崎新聞
 7月23日  東海愛知新聞
 7月26日  熊本日日新聞
 7月27日  千葉日報
 7月31日  上越ケーブルテレビ
 8月1日  新潟総合テレビ
 8月2日  北日本新聞
 8月3日  テレビ山梨
 8月4日  日刊県民福井
 7月23日  東海愛知新聞
 8月5日  中日新聞西濃版
 8月6日  伊豆毎日
 8月6日  世界日報
 8月8日  熱海新聞
 8月20日  CHUGOKUビジネス情報
 9月10日  KOREA TODAY