記事一覧

日本海側と太平洋側のルートが滋賀県彦根市に集合

石川県実行委員会から引き継いだ福井県実行委員会は、8月10日福井県福井市から滋賀県彦根市までの114.1kmを縦走。一方、愛知・東愛知実行委員会から引き継いだ岐阜県実行委員会は、岐阜県岐阜市から滋賀県彦根市までの56kmを縦走し、日本海側と太平洋側のルートが彦根市で1つとなり、市内で歓迎会が持たれ、サポーターら60人が参加しました。

日本海側のルートでは、午前9時に福井県観光営業部企画幹表敬訪問を行った後、9時30分から福井県庁前で出発式を行い、サポーターら60人が参加しました。

20150810_Fukui_043

20150810_Fukui_065

20150810_Fukui_091

20150810_Fukui_156

20150810_Fukui_162

その後、民団福井県地方本部を表敬訪問、そしてサンドーム福井まで自転車縦走を行い、滋賀県長浜市にある雨森芳洲庵を表敬訪問しました。

20150810_152610

20150810_153111

20150810_153732

20150810_154103

20150810_154236

20150810_154427

会場には遠藤哲也中央実行委員会副委員長を始めとして、ライダー、サポーターら40人が参加し、日韓の架け橋となった雨森芳洲の心を学びました。遠藤副委員長は「長年の夢であった芳洲庵訪問が、このピースロードの一環で実現でき、感慨深い。朝鮮通信使の足跡、芳洲をはじめ支えた人々の思いとピースロードが重なった」と述べました。ライダー一行はその後、彦根市へと向いました。
太平洋側のルートでは、午前11時15分に岐阜県民団本部で出発式を行い、サポーターら50人が参加しました。その後、ライダー10人が滋賀県彦根市までの56kmを縦走しました。

20150810gifu006

20150810gifu008

 

11日は滋賀県彦根市から京都府城陽市までの86kmを延べ17人のライダーが縦走しました。

20150811hikone008

20150811hikone007

20150811hikone002

20150811hikone003

午前8時に出発式を行い、近江八幡市を経由し、守山市で歓迎昼食会が持たれ、サポーターら50人が参加しました。参加された地方議員は挨拶のなかで「この暑さをものともせず、平和を願って走ってこられた姿に感動を覚え、そして勇気をいただきました」と述べました。

20150811hikone006

その後、大津市、宇治市を経由し、ゴール地点の京都府城陽市には午後5時頃到着いたしました。

今回参加したライダーからは「平和を願うサイクリング、そんな感じで参加しましたが、福井と岐阜の報告を聞いて、思いをつないで行くことがすごい。そして、その一人になれたことを嬉しく思います(13歳・男性)」「どこまで走れるか心配でしたが、一杯応援してもらい、元気をもらってまだやれる、そんな感じでした。とても大きく広がっている運動に参加できてうれしかったです(13歳・女性)」など感想が寄せられました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 彦根
    8月5日金亀公園での三県引継式典を終え、滋賀県実行委員会、兵庫県実行委員会から参加したライダーたちは...
  2. 民団岐阜県本部前
    豊臣秀吉の朝鮮出兵を機に、武断派と官僚派の対立、そして豊臣家の内部対立をきっかけに天下分け目の戦いと...
  3. 高麗寺へ2020羽の折鶴奉納
    [caption id="attachment_2814" align="ali...

メディア報道

2018年度はこれからです