記事一覧

朝鮮通信使ルートをテーマに栃木・埼玉、そして東京まで縦走

日光東照宮

白河で連結されたライダーたちは、日光・朝鮮通信使ルートをテーマに7月28日栃木県の日光東照宮から小山総合公園までの61km、翌29日小山総合公園から東京都足立区役所までの79kmを縦走しました。

東照宮前を走る

東照宮前を走る

栃木の美しい自然

栃木の美しい自然

朝鮮通信使の今市客館跡

朝鮮通信使の今市客館跡

小山総合公園での栃木と埼玉の連結

小山総合公園での栃木と埼玉の連結

日本で3つしかない橋の上

日本で3つしかない橋の上

幸手権現堂

幸手権現堂

途中、幸手権現堂では、「日光・朝鮮通信使ルート・埼玉コース歓迎式」が行われ、地元議員をはじめ、サポーターら120人が参加し、ライダーを激励しました。主催者挨拶、来賓挨拶の後、栃木から縦走してきたライダーと県内を縦走するライダーからのコメント発表が行われました。ライダーは繋いでこれたことへの感謝と3回目となる参加に対して、これからも盛り上げていきたいと意気込みが述べられました。記念撮影の後、エンターテイメントとして地元で活躍するサムルノリチームの皆さんによる演奏で会場が盛り上がりました。

引き継ぐライダーの固い握手

引き継ぐライダーの固い握手

 

サムルノリの演奏

サムルノリの演奏

 

公園出発後は、朝鮮通信使の絵馬がある加須医王寺、松尾芭蕉が宿泊した春日部・東陽寺、越谷商工会議所を表敬訪問。31日には、さいたま市議会会館、埼玉県議員会館、越谷市公民館、8月1日には大韓民国民団埼玉県地方本部を表敬訪問しました。田民団埼玉県地方本部団長は「南北統一の為に、このように走って頂いているのは、ありがたい。最近は、ヘイトスピーチがデモだけでなく、公共的な所で勉強会が成されています。条例などで、在日の人権を守っていかないといけない」と理解と協力を求めました。

参加したライダーは、「朝鮮通信使の歩いたルートをPEACE ROADが走れて感動です。イベントも天候に守られ、韓国と日本が1つになった感じでした」と感想を述べました。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 彦根
    8月5日金亀公園での三県引継式典を終え、滋賀県実行委員会、兵庫県実行委員会から参加したライダーたちは...
  2. 民団岐阜県本部前
    豊臣秀吉の朝鮮出兵を機に、武断派と官僚派の対立、そして豊臣家の内部対立をきっかけに天下分け目の戦いと...
  3. 高麗寺へ2020羽の折鶴奉納
    [caption id="attachment_2814" align="ali...

メディア報道

2018年度はこれからです