PEACE ROAD 2015 in Japan

 現在、世界各地で民族・宗教間および国家間の紛争が蔓延すると共に、憎悪を背景とした若者によるテロの脅威が拡散しています。東アジア地域においても、中国の軍事力増強や北朝鮮の核による軍事的緊張が高まっており、日韓関係は反日・嫌韓感情の高まりなど、戦後最悪と言ってよいほど険悪化しております。

 こうした状況の中、2013年に日本の若者有志が Peace Bike 運動を立ち上げ、韓国サイドにも呼び掛けて、両国で自転車による全国縦走を企画・実行いたしました。これは和解と平和の心を人から人へと繋いでゆくことを通して、日韓両国の和合と協調、朝鮮半島における緊張緩和と平和統一、多文化社会における相互理解と共存を果たすことを祈念して行われたものであります。

この運動は大きな反響を呼び、Peace Bike 2014 には日本側で延べ1200名が参加、日本東端の北海道納沙布岬から九州まで縦走すると共に、韓国でも大統領官邸前広場から釜山まで、両国で計6000mを超える距離を縦走いたしました。平和への想いを胸に一部過酷な環境での縦走を通して、参加した若者の多くが精神的成長を遂げ、平和の担い手としての自覚を強めることができました。

日本では通過した各都市で、自治体首長や地域社会リーダーに「平和メッセージ」を届け、各地の韓国領事館の方々からは激励の言葉をいただきました。また、和解と平和の心を繋ぐ若者による自転車での縦走の様子はYouTubeにアップされ、それを見て共感した世界14カ国の若者も現地で縦走を実施、Peace Bike 運動は世界的な広がりを持つに至りました。

 こうした成果を踏まえて、本年2015年はさらに多くの世界の若者に呼び掛け、アフリカ喜望峰から南米チリのサンチアゴまでの縦走を目指す Peace Road 運動として実施することとなりました。韓国では政府から3000Wの支援が表明され、政府による後援の下に行われることとなり、日本でも「日韓海底トンネル建設」「国際ハイウェー建設」推進団体など多くの団体からの協賛を得て、再び北海道納沙布岬から九州までの縦走を計画しております。

今年は日韓国交正常化50周年の節目の年でもあります。Peace Road 2015は若者だけでなく、子供から老人に至る各世代の方にも参加を呼び掛け、和解と和合への国民的運動とするとともに、各国駐日大使館の方々にも呼びかけて、日本から世界に平和の輪を広げて参りたいと考えております。

Peace Road イベントを通して、各国における異文化コミュニティー間の相互理解と和解が進むとともに、若者が新しい時代を切り拓く平和の担い手として成長し、若者による世界的な平和文化醸成の一助となることを念願いたしております。つきましては、各界各層の皆様の積極的なご賛同・ご支援を心からお願い申し上げる次第でございます。

PEACE ROAD 2015 in Japan 中央実行委員会

ピックアップ記事

  1. 彦根
    8月5日金亀公園での三県引継式典を終え、滋賀県実行委員会、兵庫県実行委員会から参加したライダーたちは...
  2. 民団岐阜県本部前
    豊臣秀吉の朝鮮出兵を機に、武断派と官僚派の対立、そして豊臣家の内部対立をきっかけに天下分け目の戦いと...
  3. 高麗寺へ2020羽の折鶴奉納
    [caption id="attachment_2814" align="ali...

メディア報道

6月22日  稚内プレス
 7月6日  稚内プレス
 7月13日  釧路新聞
 7月13日  八幡濱新聞
 7月17日  長崎新聞
 7月23日  東海愛知新聞
 7月26日  熊本日日新聞
 7月27日  千葉日報
 7月31日  上越ケーブルテレビ
 8月1日  新潟総合テレビ
 8月2日  北日本新聞
 8月3日  テレビ山梨
 8月4日  日刊県民福井
 7月23日  東海愛知新聞
 8月5日  中日新聞西濃版
 8月6日  伊豆毎日
 8月6日  世界日報
 8月8日  熱海新聞
 8月20日  CHUGOKUビジネス情報
 9月10日  KOREA TODAY