記事一覧

沖縄県実行委員会 戦後70年を越え、沖縄から平和を祈る

沖縄県実行委員会(実行委員長 西田健次郎)は、7月25日に辺戸岬~国頭道の駅~羽地から名護市名嘉真~恩納村ムーンビーチ~ネーブル嘉手納~那覇教会~平和祈念公園(述べ134km)を自転車や徒歩で7人が走行しました。
昨今の米軍関係の事件・事故、尖閣諸島への中国の軍艦侵入、北朝鮮の核開発・ミサイル実験、朝鮮半島情勢、韓国のTHAAD配置などアジアの緊張感が増す現象が増加するなかで、自由と民主主義を守るために平和祈念公園韓国慰霊塔(糸満市摩文仁)の前で日韓米平和祈願祭が開催され、サポーター、有識者などが参加しました。祈願祭では代表者による挨拶の後、沖縄戦で亡くなられたすべての人々の氏名を刻んだ記念碑「平和の礎」に献花が行われ、参加者全員で平和への誓いを新たに祈りを捧げました。
夜間走行や悪天候の中で行われたPEACE ROADは、まさに暗闇の時代から平和の夜明けを象徴するような走行となりました。

真夜中の出発式

真夜中の出発式

夜間走行

夜間走行

夜でも元気です

夜でも元気です

金子めぐみ事務所前

金子めぐみ事務所前

平和祈念公園 平和の礎

平和祈念公園 平和の礎

平和祈念公園での祈り

平和祈念公園での祈り

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ソウル駅前広場で「ワン・コリア ピースロード2019ソウル特別市統一大長征」韓国・ソウル市で14...
  2. 大阪ルートから縦走旗を引き継いだ兵庫ルートは8月3日、舞子公園でセレモニーを行いました。
  3. 奈良ルートは8月4日、奈良県文化会館で開会セレモニーを行いました。

メディア報道2019

7月17日 熊本日日新聞
7月12日 世界日報(日本)
7月12日 慶尚毎日新聞(韓国)
7月12日 世界日報(セゲイルボ=韓国)
7月12日 京仁総合日報(韓国)
7月11日 大韓ニュース(韓国)
7月11日 稚内プレス
7月11日 京民日報(韓国)