記事一覧

異文化体験を通じて感じる平和への道 東京都実行委員会

8月4日に千葉県実行委員会から縦走旗を引き継いだ東京都実行委員会は、8月5日東京都足立区北千住から8月6日神奈川県横浜市神奈川区の沢渡公園までの66.3kmを様々な施設・団体を訪問しながら、延べ108人が縦走しました。

20150805_061006

20150805_063738

20150805_065350

5日午前6時10分に20人のサポータに見送られながら北千住を出発し、浅草寺の雷門に向いました。雷門では50人のサポーターが迎える中で、ピースメッセージ宣布が行われました。

20150805_063931

20150805_070017

20150805_071355_01

20150805_071053

その後、根津神社で宮司より日韓友好やピースロードの安全祈願などお祓いと御祈祷をしていただき、ライダーたちも神聖な心で祈りを捧げました。

20150805_075327

20150805_080010

 

その後、新宿中央公園に向い、中央実行委員そしてサポーターら100人が集い、激励会が行われ、参加された来賓などから多くの激励の言葉を頂きました。その中で、遠藤哲也中央副実行委員長は「重要な日韓関係の改善に意義深い企画であると思う。暑い中であるが、身体に気をつけて、ぜひ完走していただきたい」と激励のメッセージをライダーたちに語りました。

20150805_091233

20150805_092334

20150805_094919
その後、ライダーたちは明治神宮を表敬訪問し、祈願と参拝を行いました。

20150805_102133

20150805_110507

20150805_112831

 

続いて、東京イスラムジャーミーを表敬訪問。トルコのヨーグルトドリンクが振舞われ、ひと時の休息を取りました。その後、イスラム式の礼拝体験を行い、ライダー代表からピースメッセージ宣言が行われ、イスラムの方々はそのメッセージの内容にとても共感して下さいました。そして、昼食としてケバブが振舞われ、身も心も充実したランナーたちは、「PEACE ROAD 東京歓迎式及び中間報告会」の会場に向いました。

20150805_115512

20150805_120448

20150805_122145

報告会の会場には、サポーターら120人が参加し、ライダーたちを歓迎いたしました。

DSC_2509

この報告会では、北海道納沙布岬から前日までの縦走の内容や各メディアの報道状況、スポンサーなどの内容が映像を通じて報告され、縦走旗を繋いできたライダーたちの熱い思いを感じながら、胸が熱くなりました。参加された来賓の方は、「報告を受けてとても素晴らしいイベントだと思いました。来年はぜひ私も走ってみたい」と抱負を述べました。

20150805_142906

 

報告会の後、ライダーたちは駐日本国大韓民国大使館を表敬訪問し、日韓国交正常化50周年担当参事の方に、活動の内容を報告すると共に、ピースロードの旗にサインを頂きました。

20150805_145825_01

20150805_150942

20150805_151848

翌日は、午前7時15分に中央実行委員会のある東京都新宿区からサポーター20人に見送られ、神奈川県の鶴見民団に向けて出発しました。

20150806_073021

20150806_073330

20150806_085546

20150806_085620

20150806_090310

20150806_101643

 

到着後、権容一鶴見民団副団長より「在日の願いが南北統一。親戚が北にいる離散家族です。この特別な思いは、在日でないとわからない」とその心情を語られました。そしてその日は、広島に原子爆弾が投下された日であり、ライダーたちも平和への思いを深くする瞬間でもありました。

20150806_103221
その後、ライダーたちは神奈川県実行委員会との引継ぎ場所である沢渡公園に向い、行程を無事に終えました。

20150806_105849

20150806_111214

参加したライダーからは、「都会のせいもあると思いますが、平和のために縦走しているのにクラクションを鳴らされたこともありました」とも報告がありました。また、「2日間の様々なスケジュールに共通して感じることは、『ピースロード』という命題を通じ、朝鮮半島の南北問題、世界の国境問題、それらを議員、宗教家、大使など多くの立場ある人達に伝え、解決の糸口とする取り組みであることを感じます」と感想が寄せられました。ライダーたちが立ち寄った様々な文化圏の違いの中で、小さな平和から世界規模の平和までを考えるきっかけとなったに違いありません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 彦根
    8月5日金亀公園での三県引継式典を終え、滋賀県実行委員会、兵庫県実行委員会から参加したライダーたちは...
  2. 民団岐阜県本部前
    豊臣秀吉の朝鮮出兵を機に、武断派と官僚派の対立、そして豊臣家の内部対立をきっかけに天下分け目の戦いと...
  3. 高麗寺へ2020羽の折鶴奉納
    [caption id="attachment_2814" align="ali...

メディア報道

6月22日  稚内プレス
 7月6日  稚内プレス
 7月13日  釧路新聞
 7月13日  八幡濱新聞
 7月17日  長崎新聞
 7月23日  東海愛知新聞
 7月26日  熊本日日新聞
 7月27日  千葉日報
 7月31日  上越ケーブルテレビ
 8月1日  新潟総合テレビ
 8月2日  北日本新聞
 8月3日  テレビ山梨
 8月4日  日刊県民福井
 7月23日  東海愛知新聞
 8月5日  中日新聞西濃版
 8月6日  伊豆毎日
 8月6日  世界日報
 8月8日  熱海新聞
 8月20日  CHUGOKUビジネス情報
 9月10日  KOREA TODAY