記事一覧

縦走旗を引き継いでいよいよ下関でゴール

中国地方では主に2つのコースとオプションの企画が行われ、8月20日に本州と九州のライダーが合流し、日本のゴールイベント「下関壮行会」が行われ、日本から代表ライダーが韓国にわたりました。日本の全走行距離は15,000kmを越え、ライダーの数も約2,000人を越えました。

山陰コースの島根県実行委員会は、18日と19日に2つのルート(松江城から出雲大社、浜田市から益田市)を開催し、合計約80km、延べ16人のライダーが縦走。

2015081803

2015081902

2015081903

道の駅ゆうひパーク浜田で行われた「歓迎出発式」にはサポーターら60人が参加しました。参加した地方議員は祝辞の中で「自分も若い時に自転車に乗っていたので、とても関心がある。こういう企画を通して、日本と韓国の草の根の交流が促進され、溝が埋まるようになることを期待している」と述べました。

山陽(瀬戸内海)コースでは、本ルートと別に広島県実行委員会が11日に蒲刈、13日に宮島でPEACE ROADを開催。

蒲刈ピ―スロ―ド2015811_7853

蒲刈ピ―スロ―ド2015811_8867

蒲刈ピ―スロ―ド2015811_9470

宮島ピ―スロ―ド2015813_6063

宮島ピ―スロ―ド2015813_6797

宮島ピ―スロ―ド2015813_8485

本ルートでは15、16日は岡山県実行委員会が岡山市内から広島県福山市を縦走。

20150815_141228

20150816_130052

20150816_132452

20150816_160636

17日は雨が降る中、広島県実行委員会が三原リージョンプラザにて「三原歓迎集会」を開催。

20150817001

福山~竹原 2015817_3695

福山~竹原 2015817_9658

その後、福山市から竹原市まで縦走。18日は竹原市から広島市内に入り、原爆ドーム前で「広島歓迎式典」を開催し、サポーターら150人が参加しました。

竹原~広島 2015818_121

竹原~広島 2015818_486

竹原~広島 2015818_536

ライダー2人によるピースメッセージ宣言の後、主催者挨拶で韓昱洙実行委員は「東アジアと世界平和を願う『ピースロード2015』の成功を祈願すると共に、平和宣言都市広島でも開催する事ができ、喜びです」と語りました。続いて金興翼駐広島大韓民国総領事館副総領事が「日本と韓国の若者が日韓国交正常化50周年を祝う自転車縦走を行う事に敬意を表します。暑い中頑張ってください」と激励しました。来賓の挨拶の後、裵學泰副実行委員長の万歳で式典を終え、韓国人原爆慰霊塔に移動し、全体で黙祷を捧げました。

竹原~広島 2015818_2731

竹原~広島 2015818_4768

竹原~広島 2015818_5489

竹原~広島 2015818_7961

19日は広島城にて「ピースロード広島」の出発式を行い、サポーターら70人が参加しました。その後、山口県岩国市まで縦走し、山口県実行委員会に引き継ぎました。

広島~山口 2015820_246

広島~山口 2015820_270

広島~山口 2015820_947

広島~山口 2015820_1287

広島~山口 2015820_3265

広島~山口 2015820_3322

広島~山口 2015820_3447

広島~山口 2015820_4256

広島~山口 2015820_4506_0

広島~山口 2015820_5943_0

広島~山口 2015820_6040

広島~山口 2015820_7178

広島~山口 2015820_7383

山口県実行委員会は、岩国市を出発し、周南市、防府市を経由して山口市まで縦走。

山口~下関 2015820_4841

山口~下関 2015820_5086

山口~下関 2015820_7608

山口~下関 2015820_8614

20日は山口市から日本のゴール地点である下関市まで縦走し、海峡メッセ下関の海峡ホールで午後2時から「下関壮行会」が開催され、ライダー、サポーターらなど200人が参加しました。

DSC_3572

DSC_3736

DSC_3764

DSC_3786

DSC_3807

DSC_3843

式典では、鮮鶴合唱団がオープニングを飾り、北海道から山陽コース、山陰コース、九州コースの3つのグループのライダーが入場し、北海道から日本中を駆け巡った縦走旗の返還がライダー代表より行われました。その後、主催者と来賓の挨拶があり、全国の経過報告が大塚克己中央実行委員会共同委員長により行われ、ライダー代表によるピースメッセージ宣言、そして韓国に渡るライダー7人に縦走旗が手渡されました。その後、全体で「統一の歌」を歌い、万歳。韓国に渡るライダーたちを見送りました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 彦根
    8月5日金亀公園での三県引継式典を終え、滋賀県実行委員会、兵庫県実行委員会から参加したライダーたちは...
  2. 民団岐阜県本部前
    豊臣秀吉の朝鮮出兵を機に、武断派と官僚派の対立、そして豊臣家の内部対立をきっかけに天下分け目の戦いと...
  3. 高麗寺へ2020羽の折鶴奉納
    [caption id="attachment_2814" align="ali...

メディア報道

6月22日  稚内プレス
 7月6日  稚内プレス
 7月13日  釧路新聞
 7月13日  八幡濱新聞
 7月17日  長崎新聞
 7月23日  東海愛知新聞
 7月26日  熊本日日新聞
 7月27日  千葉日報
 7月31日  上越ケーブルテレビ
 8月1日  新潟総合テレビ
 8月2日  北日本新聞
 8月3日  テレビ山梨
 8月4日  日刊県民福井
 7月23日  東海愛知新聞
 8月5日  中日新聞西濃版
 8月6日  伊豆毎日
 8月6日  世界日報
 8月8日  熱海新聞
 8月20日  CHUGOKUビジネス情報
 9月10日  KOREA TODAY