トピック一覧

【北愛知ルート】日韓ハーフの青年ライダーが両国の友好を訴え縦走

北愛知実行委員会は7月23日、瀬戸市の瀬戸万博記念公園で地元の市議を迎えて出発式セレモニーを行いました。瀬戸市は、韓国の利川市(京畿道)と姉妹都市であり、公園には友好の証しとして韓国の国花であるムクゲの木が植樹されています。今回は日本人と韓国人を両親に持つ青年ライダー2人も参加しました。

北愛知ルートは、瀬戸市を出発後に尾張旭市、春日井市、小牧市へと縦走していきました。小牧市では、地元の県議がライダーを激励。小牧城をバックに記念撮影も。その後、ゴール地点となった犬山城(犬山市)でも記念撮影をして全行程の縦走を終了しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。