記事一覧

【奈良ルート】シルクロードの終着地、奈良からピースロードの夢を!

奈良ルートは8月4日、奈良県文化会館で開会セレモニーを行いました。セレモニーの冒頭には、日本人の夫のもとに嫁いだ韓国の婦人による歌と踊りが披露されました。

その後、実行委員長の衆議院議員が登壇し、「こういう時であるからこそ民間レベルの交流が大切だ」と述べ、日韓友好の重要性を強調しました。

中央実行委員会を代表して参加した金源植事務局長がライダーを激励。

また、奈良県知事を代理して知事公室国際課課長と駐大阪大韓民国総領事館領事の来賓メッセージも読み上げられました。開会セレモニー終了後は、会場に集まった総勢約300人が会館前に集まり、大歓声の中、ライダーを送り出しました。

奈良県ピースロード実行委員会は「シルクロードの終着地、奈良からピースロードの夢を!」というテーマを掲げ、後援の奈良市から明日香村までを6人のライダーが縦走しました。

途中、天理教本部、大神神社、飛鳥寺を参拝し、後援の桜井市庁舎を表敬訪問しながら、ゴールの明日香村を目指しました。

天理教本部にて
大神神社
飛鳥寺を訪問
桜井市庁舎を表敬訪問

ゴール後のセレモニーでは、橿原の青年メンバーが歌の披露して参加者の労をねぎらったほか、明日香村副村長、県議会議員、町議会議員があいさつ。このほか、ライダーに完走証明書が手渡されました。無事に完走したライダーには会場から温かい拍手が送られました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。