記事一覧

大分県実行委員会 「南北統一とピースロード」を学び、市内を遊説

大分県実行委員会(実行委員長 垣迫三夫)は、7月15日大分市、別府市を遊説しながらライダーと共に巡った。出発式には、ライダー、サポーター、関係者ら100人が集い、林吉植平和統一聯合九州会長が「南北統一とピースロード」と題し、PEACE ROADの意義について熱く説明した。

遊説カーでは、世界平和と南北統一、日韓トンネルの実現、北朝鮮の完全非核化をすすめ平和統一を支援、拉致被害者解放のため日朝首脳会談の実現、青少年の健全育成、幸せな家庭づくり、国づくりが訴えられた。

 

南北統一と世界平和を掲げた自転車

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ソウル駅前広場で「ワン・コリア ピースロード2019ソウル特別市統一大長征」韓国・ソウル市で14...
  2. 大阪ルートから縦走旗を引き継いだ兵庫ルートは8月3日、舞子公園でセレモニーを行いました。
  3. 群馬ルートは8月8日、高崎市内の会場から出発しました。出発式を終えた一行はまず、群馬県庁を訪問。

メディア報道2019

7月17日 熊本日日新聞
7月12日 世界日報(日本)
7月12日 慶尚毎日新聞(韓国)
7月12日 世界日報(セゲイルボ=韓国)
7月12日 京仁総合日報(韓国)
7月11日 大韓ニュース(韓国)
7月11日 稚内プレス
7月11日 京民日報(韓国)