トピック一覧

東北・青森県実行委員会 4つのコースを展開

 青森県実行委員会は7月17日、20日、23日に4つのコース(十和田市内、弘前市~大館市、八戸市~蕪島、青森駅前公園~市内中心街のねぶたコース)を展開し、合計428kmを走行しました。
青森市内
ヘルメット確認
青森市内ゴール
23日には青森市民ホール4Fにて、激励と文化交流を目的としたイベントが開催され、佐藤祐一様の乾杯の後、スライド上映、スコップ三味線、踊り・立佞武多、踊り・珍島物語などアトラクションが行われた後、それぞれのコースの担当者から報告が行われました。その後、木村睦夫実行委員長の挨拶、伊集院孝顧問の挨拶があり、表彰が行われました。そして参加されたサポーターの皆さん全員で歌を歌い、万歳三唱して閉会いたしました。
スコップ三味線
踊り・立佞武多
歌踊り
 参加したライダーからは、「碇ヶ関という青森と秋田の県境・峠道を走った。昔であれば、国境。かつてはこの国境線で争いとか時には血を流したり命をおとしたりとかそんなことが沢山あっただろうなと思って、本当に国境線を撤廃していきたいという思いで走りました」「市の中心街のコースなので、狭い道幅、信号などで列が途切れてしまいましたが、他のメンバーを意識しながら、一つの家族のように走れてよかった」と感想が寄せられました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。