トピック一覧

栃木県実行委員会 神社・仏閣を巡り深い交流を持つ

栃木県実行委員会(実行委員長 沈吉來)は、徒歩、自転車、自動車で72人の参加者たちが県内の歴史深い神社・仏閣などを巡り、宮司や住職との交流のひと時を持ちました。

岩舟町大慈寺

岩舟町大慈寺

8月1日には、栃木市岩舟町の小野寺山転法輪院大慈寺を出発し、下野市薬師寺の寺院跡を経由し、小山市まで徒歩で巡りました。大慈寺には815年に伝教大師(最澄)により、日本の北方を仏法によって守る願いが込められた相輪塔が建立され、そのなかには法華経などの経典が収められており、「護国済人 延寿安身」(世の中が平和でありますように 皆が幸せになれますように」と刻まれています。

下野薬師寺跡

下野薬師寺跡

下野薬師寺は、仏教が隆盛するに伴い、僧侶が戒律を守る者が少なくなったり、生活が苦しい庶民が税逃れのために勝手に僧を名乗るなど様々な問題が出てきた際に、朝廷の指示により、鑑真和上から正式な僧侶として資格が与えられる“受戒”の儀式が行われた重要な寺院です。

 

5日には日光市の中禅寺湖駐車場から宇都宮市へ向かうコース、6日には足利市から高麗郡建郡1300年の記念を迎えた日高市の高麗神社へ向かい、「PEACE ROAD 2016 in 栃木・埼玉完走式」に参加、7日には真岡市内の1500年有余の歴史を誇る延喜式内大前神社を出発し、「大自然の恵みに感謝しながら、自分の信じたことを力いっぱい行うことが本当に豊かな社会を作り上げる」という教えを広め、全国600を超える貧しい郡村の立て直した二宮尊徳の資料館に立ち寄るコース、新羅人とも関係が深く日本三大古碑の1つとされる那須国造碑がある大田原市の笠石神社を出発し那須市に向かうコース、大宝律令(701年)により確立した律令国家体制における地方統治の中心であった下野国庁から出発し、栃木市内を巡るコース、8日には日光東照宮を出発し、足尾銅山の朝鮮人慰霊碑に立ち寄り、足利市に向かうコースが行われました。

 

男体山を背景に中禅寺湖で出発式

男体山を背景に中禅寺湖で出発式

日光杉並木の道を走るライダー

日光杉並木の道を走るライダー

足利市を出発

足利市を出発

足利市のライダー

足利市のライダー

大前神社にて出発式

大前神社にて出発式

二宮尊徳資料館にて

二宮尊徳資料館にて

笠石神社

笠石神社

那須路を走る

那須路を走る

栃木市内到着

栃木市内到着

日光東照宮での出発式

日光東照宮での出発式

足尾銅山で犠牲になった朝鮮人慰霊碑の前で

足尾銅山で犠牲になった朝鮮人慰霊碑の前で

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。