記事一覧

猛暑の福島 元気に平和を訴える

福島県実行委員会(実行委員長 山崎清司)は、郡山市・福島市・会津市・白河市・いわき市の各地を7月15日までに縦走し、15日に福島市役所前に一斉にライダーが集まり、福島県庁前まで12名のライダーが走行した。

 

福島県庁前には、サポーター約300人が集い、ライダーを歓迎した。この日の気温は38度。猛暑の中でもライダーたちは元気に世界平和を訴えた。
主催者からは「これまでの数を重ねて、イベント準備、参加者の意識が一層成熟した姿を見せた」とコメントが寄せられた。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ソウル駅前広場で「ワン・コリア ピースロード2019ソウル特別市統一大長征」韓国・ソウル市で14...
  2. 大阪ルートから縦走旗を引き継いだ兵庫ルートは8月3日、舞子公園でセレモニーを行いました。
  3. 群馬ルートは8月8日、高崎市内の会場から出発しました。出発式を終えた一行はまず、群馬県庁を訪問。

メディア報道2019

7月17日 熊本日日新聞
7月12日 世界日報(日本)
7月12日 慶尚毎日新聞(韓国)
7月12日 世界日報(セゲイルボ=韓国)
7月12日 京仁総合日報(韓国)
7月11日 大韓ニュース(韓国)
7月11日 稚内プレス
7月11日 京民日報(韓国)