記事一覧

自転車で心をつなぐ 富山県実行委員会

富山県実行委員会は8月6日午後1時に、新潟県実行委員会との引継ぎを道の駅越後市振りの関にて行い、当日は富山市内までの縦走をし宿泊、そして翌7日は石川県七尾市までの108kmを延べ34人のライダーが縦走しました。

 

6日午後1時25分から、越中宮崎駅前で富山県出発式を行い、サポーターら25人が参加しました。

20150806toyama003

20150806toyama004

 

7日午前10時からは、富山県庁前公園で富山県歓迎式が行われ、サポーターら100人が参加しました。歓迎会は中川忠昭実行委員長、朴世珉顧問による主催者挨拶、廣田秀徳事務局長からの経過報告、日韓の来賓の方々の挨拶、ライダー代表からピースメッセージの伝達、矢田部多喜男実行委員会理事の激励コールが行われ、主催者挨拶の中で中川実行委員長は「日韓国交正常化50周年のこの時に、自転車で心を繋ぐことに意義がある」と強調しました。

slide0027_image042

slide0030_image074

slide0031_image084

午後3時30分より大泊インター付近で南住神社宮司による安全祈願を行った富山県実行委員会・石川県実行委員会は引継ぎ式を行いました。

20150807_154417

20150807_175639

参加したライダーからは「完走できて嬉しい。走ってみて案外短い距離だった。来年はもっと長い距離を走りたい」「ロードバイク買って欲しい。楽しかった」など楽しみながら走れている感想が寄せられました。また、参加者からは「世界平和の気持ちを新たにした」「今年は北陸の年、新幹線も開業し、『まれ』の放送もしている中、Peace Roadが富山を通過してくれて意義深かった」など感想が寄せられました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ソウル駅前広場で「ワン・コリア ピースロード2019ソウル特別市統一大長征」韓国・ソウル市で14...
  2. 大阪ルートから縦走旗を引き継いだ兵庫ルートは8月3日、舞子公園でセレモニーを行いました。
  3. 群馬ルートは8月8日、高崎市内の会場から出発しました。出発式を終えた一行はまず、群馬県庁を訪問。

メディア報道2019

7月17日 熊本日日新聞
7月12日 世界日報(日本)
7月12日 慶尚毎日新聞(韓国)
7月12日 世界日報(セゲイルボ=韓国)
7月12日 京仁総合日報(韓国)
7月11日 大韓ニュース(韓国)
7月11日 稚内プレス
7月11日 京民日報(韓国)