記事一覧

超宗教フォーラムにて事務局次長がPEACE ROADの講演

第99回超宗教フォーラムで語る阿部事務局次長

7月19日宗教者平和大使協議会主催の第99回超宗教フォーラムにてPEACE ROAD 2018 in Japan 中央実行委員会 事務局次長(阿部恒)が、「一つになる道―若者たちのチャレンジ」と題して講演を行い、PEACE ROAD 2018 in Japan 中央実行委員の宗教者、関係者、海外ボランティア等で多宗教に触れてきた若者ら約30名が参加した。

この超宗教フォーラムでは、「平和構築に対する宗教者の責任」というテーマのもと、宗教・宗派を超え宗教指導者らによる話し合いが行われている。

今回のフォーラムではPEACE ROADの紹介映像の後、講演そして質疑応答、そして懇親会が持たれた。

阿部次長は講演の中で「PEACE ROADは、通い合うことのできなかった人間関係、流通が通い合うように願い、学び、実践し、汗を流すプログラム。宗教指導者の導きが非常に重要」と訴え、「PEACE ROADで巡る史跡や宗教施設を通じて、参加者が自分自身に疑問を問いかけ、学びを深いものにしていく。宗教指導者の協力のもと、宗教施設での歴史や文化、学びが次世代育成に必要」とつながることから生み出される平和の意義について説明した。

講演後には参加者らがメッセージカードにライダーたちへ応援メッセージを綴り、励ましの言葉を送った。SNSを通して全国の現場へも送られた。

 

ライダーにあてた応援メッセージ

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ソウル駅前広場で「ワン・コリア ピースロード2019ソウル特別市統一大長征」韓国・ソウル市で14...
  2. 大阪ルートから縦走旗を引き継いだ兵庫ルートは8月3日、舞子公園でセレモニーを行いました。
  3. 群馬ルートは8月8日、高崎市内の会場から出発しました。出発式を終えた一行はまず、群馬県庁を訪問。

メディア報道2019

7月17日 熊本日日新聞
7月12日 世界日報(日本)
7月12日 慶尚毎日新聞(韓国)
7月12日 世界日報(セゲイルボ=韓国)
7月12日 京仁総合日報(韓国)
7月11日 大韓ニュース(韓国)
7月11日 稚内プレス
7月11日 京民日報(韓国)